外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都は29日、ユッケなどに使われる生食用牛肉の処理に関する新基準が10月に施行されたことを受け、都内の飲食店や食肉販売店を調査した結果、生食用牛肉を提供していた59施設がいずれも新基準に適合しなかったと発表した。59施設には提供中止を指示した。都によると、10月3~31日に都内の焼き肉店や居酒屋、スーパーや精肉の販売店、食肉処理業者など計4490施設を調査。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信