外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 虐待によるけがを見過ごし、虐待が繰り返され重傷化や死亡に至る事態を防ごうと、事故と虐待のけがの判別システムを産業技術総合研究所などが26日までに開発、実用化へ精度向上を進めている。不慮の事故でけがをし、国立成育医療研究センターを受診した子どもの情報約1万件をデータベース化。虐待した保護者は「事故」と主張することが多いが、データと照合し、そのけがが事故で生じる確率を示し医師の判断を支援する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信