ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

田中法相が暴力団の仲人

 田中慶秋法相は12日の記者会見で、暴力団関係者の仲人を務めたとする週刊新潮の報道について「約30年前に本人の父親に頼まれた」と認め「後で暴力団関係者と分かった」と釈明した。「職責を果たしていきたい」と述べ、辞任は否定した。野党の追及が強まるのは必至。また、暴力団関係者が集まる会合でのあいさつも認め「連れられて行った会合にたまたまいた。暴力団関係者と知っていたら行かなかった。反省している」と謝罪。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。