外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 田中慶秋法相兼拉致問題担当相は19日、暴力団との関係や外国人献金問題の責任を取り、近く辞任することが確実な情勢になった。政府筋によると、首相に辞表を提出する方向で調整している。法相をめぐっては辞任は不可避との見方が政府、民主党内で拡大していた。野田改造内閣は1カ月に満たないで閣僚辞任に追い込まれる。野党側が首相の任命責任を追及するのは確実で、政権運営は一段と厳しくなる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信