外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 田中慶秋法相兼拉致問題担当相(74)=衆院神奈川5区=は23日午前、外国人が経営する会社からの献金や暴力団関係者との交遊問題の責任を取り閣僚を辞任した。午前の閣議前、法務省職員を通じ官邸へ「体調不良」を理由に辞表を届け、野田佳彦首相が受理した。事実上の更迭。10月1日に発足した野田第3次改造内閣は約3週間で閣僚辞任に追い込まれた。野党は首相の任命責任を厳しく追及する方針。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信