外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・東京)代表最終選考会となる全日本選手権第2日は25日、長野市ビッグハットで行われ、男子はショートプログラム(SP)首位の小塚崇彦(トヨタ自動車)がフリーの4回転ジャンプなどで2度転倒したが、合計251・93点で初優勝した。1968年まで3連覇した父親の嗣彦さんとの男子初の親子制覇となった。織田信成(関大)が237・48点で2位、高橋大輔は3位。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信