外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】フェンシングの世界選手権第8日は11日、パリで男子フルーレ団体を行い、エースの太田雄貴を軸にした日本は3位決定戦でロシアに45―42で逆転勝ちし、銅メダルを獲得した。日本フェンシング協会によると、1967、71年大会の4位を上回る最高成績。女子団体では2007年にフルーレで3位になった。太田は個人と合わせて二つ目の銅メダルを手にした。決勝は中国がイタリアを下した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信