外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 第18回全国都道府県対抗男子駅伝は20日、広島市平和記念公園前発着の7区間48キロで行われ、兵庫が2時間19分51秒で2連覇し、優勝回数を長野に並ぶ最多5とした。初優勝を狙った東京は5秒差の2位、愛知が3位だった。開催地の広島が6位に入り、秋田は8位で初入賞と健闘した。兵庫は4区の秋山雄飛が区間新記録でトップに立ち、独走態勢。アンカーの北村聡が東京の猛追を、辛くもかわした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信