外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 第17回全国都道府県対抗男子駅伝は22日、広島市平和記念公園前発着の7区間48キロで行い、兵庫が2時間20分19秒で2年ぶり4度目の優勝を果たした。優勝回数は史上最多5度の長野に続き、単独2位となった。前回優勝の栃木は4位。22秒差の2位に東京、3位には熊本が入った。兵庫は1区で中谷圭佑(西脇工高)が区間賞を獲得。アンカーのエース竹沢健介(エスビー食品)が6区までの5位から逆転した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信