外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ジャカルタ・アジア大会第9日(26日)陸上の男子100メートル決勝で日本選手団主将の山県亮太(セイコー)が10秒00で銅メダルだった。ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は準決勝で落選。十種競技で右代啓祐(国士舘ク)が2連覇した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信