外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 消費者の不安に配慮して市場への出荷が自粛されている体細胞クローン牛をめぐり、熊本県畜産研究所が04年以降、クローン牛や、クローン牛の精子を使うなどして生まれた後代牛の肉を、畜産農家らに配布する試食試験を7回実施していたことが28日、同研究所への取材で分かった。同日には8回目の試験で、後代牛の肉を農家ら約130世帯に配布した。クローン牛由来の肉の配布が明らかになるのは異例。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信