外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン共同】ドイツ北部ハンブルクの空港で12日、異臭騒ぎがあり利用客ら68人が喉の痛みなどを訴えて手当てを受け、空港が一時閉鎖された。空港によると、催涙ガスが空調設備を通じて拡散したとみられる。

共同通信