外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン、ワシントン共同】イランが核兵器用の高性能爆薬の実験を実施した疑いがあるテヘラン郊外のパルチン軍事施設の査察について、AP通信は19日、国際原子力機関(IAEA)の要員でなくイラン側が施設の画像や映像を撮影、IAEAに提供することで両者が合意を結んだと報じた。イランと6カ国の核合意に反対する米議会多数派の共和党が一層反発を強めるのは必至だ。

共同通信