外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2009年度に病気で休職した公立の小中高校などの教員は、前年度から49人増の8627人で、このうち、うつ病などの精神疾患が5458人(前年度比58人増)と63%を占めたことが24日、文部科学省の調査で分かった。精神疾患の休職者数は17年連続の増加で、過去最多を更新した。ただこの数年、数百人規模で増え続けていたのと比べると増加率は縮小した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信