外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 腎臓がん患者の腎臓を利用する「病気腎移植」を推進する医療法人徳洲会は29日、第三者間の病気腎移植の保険一部適用を目指し、先進医療として近く厚労省に申請する方針を固めた。関係者が明らかにした。今夏に申請を予定していたが、東京の医師らが逮捕された臓器売買事件などを受け延期していた。宇和島徳洲会病院の万波誠医師らは生体腎・死体腎移植に次ぐ「第3の道」と主張。日本移植学会は安全性が認められていないとする。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信