外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 警察庁は25日、車の運転に支障を及ぼす可能性があるてんかんなどの病気の患者に対する免許制度を見直し、病状の虚偽申告に罰則を新設する方針を決めた。医師が運転を危険と判断した人の情報を届け出る仕組みも設ける。来年の通常国会に道交法改正案を提出する。運転手のてんかん発作で小学生6人が死亡した栃木県鹿沼市のクレーン車暴走事故などを受け、有識者検討会が同日、免許制度を見直すべきだとの提言をまとめた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信