外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 12日に発売された村上春樹さんの新作小説「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」について版元の文芸春秋は同日、10万部の増刷を決めた。発売初日の増刷は異例。同社によると、発行部数は計60万部。予約が多かったことを受けて発売前から増刷を重ね、11日までに計50万部が刷られていた。同作は、孤独とむなしさを抱えた36歳の男性が青春時代に深く傷ついた出来事の真相を知ろうと行動を起こす物語。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信