外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀の白川方明総裁は19日、退任の記者会見に臨み、日銀が市場の期待に働き掛けて物価上昇を目指す手法に「危うさを感じる」と述べ、新総裁に就任する黒田東彦氏が国会などで表明した政策の先行きに懸念を示した。金融緩和を強めるだけでは物価上昇につながらないと強調。「リフレ派」重視の黒田氏ら新体制の政策運営には支障が出かねないとの考えを表明。「市場動向に振り回される状況は避けなければならない」とくぎを刺した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信