外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 血液のがんである急性骨髄性白血病の再発の原因となる「がん幹細胞」を死滅させる化合物を、理化学研究所などのチームが見つけ17日付の米医学誌に発表した。この化合物を、人の白血病を再現させたマウスに投与し、病気の細胞をほぼ全て死滅させることにも成功。白血病を根本的に治す新しい薬剤につながる可能性があるという。理研の石川文彦グループディレクターは「副作用がないかを確認し、数年以内に臨床試験を始めたい」と話す。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信