外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 1年納めの大相撲九州場所千秋楽は28日、福岡市の福岡国際センターで行われ、東横綱白鵬(25)が14勝1敗で並んだ平幕豊ノ島との優勝決定戦を送り投げで制し、5場所連続17度目の優勝。5連覇は自身初で朝青龍の7連覇、大鵬の6連覇(2度)に次ぐ。白鵬はことしの勝利数を計86勝とし、昨年に樹立した年間最多勝の史上1位記録に並んだ。本割で白鵬は大関琴欧洲に、豊ノ島は稀勢の里に勝った。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信