外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大相撲九州場所14日目は24日、福岡国際センターで行われ、横綱白鵬が4場所ぶりの優勝を決めた。23度目の優勝は貴乃花を抜いて単独史上5位。九州場所6連覇は千代の富士の8連覇に次いで2位。単独首位の白鵬をただ一人2差で追っていた旭天鵬が大関琴奨菊の寄りに屈し、優勝が決まった。白鵬は大関鶴竜を上手投げで下して13勝目を挙げた。新横綱日馬富士は大関稀勢の里に寄り切られ、4連敗で5敗目。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信