外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本相撲協会は21日、大相撲初場所(来年1月9日初日・両国国技館)の新番付を発表し、6場所連続の一人横綱となる白鵬が、7連覇の朝青龍、6連覇が2度ある大鵬に次いで史上3人目となる6場所連続優勝に挑戦する。大関陣では、九州場所で12勝した魁皇が21場所ぶりに東の正位に就いた。大関陣では先場所、途中休場した日馬富士は初のかど番となる。白鵬の連勝を63で止めた稀勢の里が東関脇。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信