外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大相撲秋場所14日目は28日、横綱白鵬が自身2度目の4連覇を果たし、優勝回数を27度に伸ばした。1敗で単独首位に立っていた白鵬は、ただ一人3敗だった大関稀勢の里をはたき込みで下した。白鵬の4連覇は2度目。27度目の優勝は大鵬、千代の富士に次いで歴代3位。横綱日馬富士は大関鶴竜を送り出して10勝目。鶴竜は大関琴奨菊とともに9勝5敗となった。関脇は豪栄道が10勝目、妙義龍は負け越した。

共同通信