外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宮内庁は29日、皇后さま(80)が6月末ごろから胸の痛みを訴えられていたため、心電図検査をした結果、心臓につながる血管が細り、酸素や栄養が十分に行き渡らなくなる「心筋虚血」が疑われる所見が得られたと発表した。皇后さまは、8月9日に東大病院を訪れ、冠動脈CT検査という精密検査を受ける。

共同通信