外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宮内庁は7日、皇后さまの右膝下に原因不明の痛みや腫れが出たため、当面湿布などの治療で経過を見ると明らかにした。公務を取りやめる予定はないが、痛みが悪化すれば、つえを使う可能性があるという。金沢一郎皇室医務主管によると、9月28日に右のふくらはぎに違和感があり、押すと痛みを感じた。10月4日、宮内庁病院で専門医の診察を受け、下腿筋膜炎と診断された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信