外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 中央競馬史上初の無敗の三冠馬で、その強さから「皇帝」と呼ばれたシンボリルドルフが4日未明、余生を送っていた千葉県成田市のシンボリ牧場で死んだ。30歳だった。死因は不明だが、ここ2、3日は体調を崩していたという。シンボリルドルフは1984年に皐月賞、日本ダービー、菊花賞のクラシック3冠を無敗のまま制覇。史上4頭目の三冠馬に輝いた後も同年の有馬記念を優勝するなど、G1通算7勝を挙げた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信