外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 衆参両院の正副議長は2日、天皇陛下の退位を巡り、各党派の代表者を集めた全体会議を衆院議長公邸で開いた。退位の法整備後、皇族減少への対策を含む皇位継承の安定化が検討課題になるとの認識で大筋一致した。大島理森衆院議長は会合後「大きな枠組みとして、各党派は同じ気持ちを持っている感じを受けた」と強調。自民党は一代限定で退位を認める特別法の根拠規定を皇室典範に置く案を容認する考えを示した。

共同通信