外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽問題で、稲田朋美防衛相は21日、防衛監察本部による聴取を約1時間受けたと明らかにした。陸上自衛隊に日報の電子データが存在したとの報告を受けたことや隠蔽を了承したことを否定する従来の見解を伝えた。防衛省で記者団に語った。政府関係者によると、聴取したのは北村道夫防衛監察監。防衛監察本部は全容解明のためにはトップ自らが聴取する必要があると判断した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信