ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

監視船が尖閣周辺離れる

 仙谷由人官房長官は6日午前の記者会見で、尖閣諸島付近の日本領海のすぐ外側に位置する接続水域で航行していた中国の漁業監視船が、6日朝までに同水域を離れたことを明らかにした。中国方面に向かっているという。菅直人首相はブリュッセルで4日夜(日本時間5日未明)中国の温家宝首相と会談し、漁船衝突事件により悪化した関係を改善する方針で一致していた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。