ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

直木賞作家の常盤新平さんが死去

 小説「遠いアメリカ」などで知られる直木賞作家で翻訳家の常盤新平(ときわ・しんぺい)さんが22日午後7時12分、肺炎のため東京都町田市の病院で死去した。81歳。岩手県出身。自宅は東京都町田市つくし野2の20の28。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は妻陽子(ようこ)さん。米国のウォーターゲート事件の内幕をつづった「大統領の陰謀」や、「夏服を着た女たち」など、名翻訳が評判になった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。