外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本相撲協会は3日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、大相撲八百長問題をめぐり解雇無効の判決が出た幕内蒼国来関(29)=本名恩和図布新、中国出身=の地位確認訴訟について控訴しないことを満場一致で決め、裁判を経た極めて異例の復帰を確認した。蒼国来関は、北の湖理事長(元横綱)から謝罪された。名古屋場所(7月7日初日・愛知県体育館)に、最後にしこ名が残った西前頭15枚目で戻ることで合意した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信