外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 公益財団法人認定を申請中の日本相撲協会が、新法人で大きな権限を持つ評議員の候補に元文部科学副大臣の池坊保子氏(71)を選出する方向であることが20日、複数の協会関係者の話で分かった。近く選定委員会を開き、正式決定する見込みだ。新法人移行が認められれば、角界に初めて女性評議員が誕生する。

共同通信