外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 愛媛県立中央病院(松山市)は4日、記者会見を開き、呼吸確保のため70代の男性入院患者の首に開けた穴に、看護師が誤って空気を通さない粘着性のシートを貼り、男性が窒息死したと明らかにした。松山東署は業務上過失致死の疑いで、病院関係者らから詳しい状況を聴いている。男性は約10年前に喉頭を摘出し、呼吸確保のため首の表面に「永久気管孔」と呼ばれる穴を開け、異物混入を防ぐガーゼが貼られていた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信