外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 NHK大河ドラマ「真田丸」の主人公で戦国武将の真田信繁(幸村)の直筆とみられる書状が、真田家ゆかりの長野県上田市で見つかっていたことが18日、分かった。発見した清泉女学院大(長野市)の玉城司客員教授(63)は「現存する直筆文書の中で、信繁という署名が確認できる最古の史料」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信