外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【サンフランシスコ共同】米サンフランシスコ国際空港で6日起きたアシアナ航空ボーイング777旅客機の着陸失敗事故で、米運輸安全委員会(NTSB)のハースマン委員長は8日、着陸失敗時に同機が目標速度を2割以上も下回る低速だったことを明らかにした。NTSBは韓国政府の調査団と合同で、機長や操縦かんを握っていた副機長を含む4人の運航担当乗務員から詳しく聴取し、失速の原因や、着陸失敗との関連の究明を急ぐ。

共同通信