外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 鳥取県で男性3人が連続して不審死した事件で、3人の遺体から、2種類の睡眠導入剤と風邪薬の成分が同じ組み合わせで検出されていたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。うち1種類は、3人と接点がある元スナック従業員の女(35)=詐欺容疑で逮捕=が所持していた睡眠導入剤ハルシオンの成分だった。鳥取県警は、これらの薬物摂取と死亡との間に関係がなかったか慎重に調べている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信