外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 沖縄県の翁長雄志知事は14日午前、県庁で記者会見し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認の取り消しに向けた手続き開始を表明した。10月中にも正式に取り消す考えだ。辺野古移設を推進する政府が、対抗措置を取るのは確実。双方の対立は激化し「法廷闘争」に発展する可能性が高まった。

共同通信