外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【台北共同】日本の植民地時代に温泉地として開発された台湾北部の北投温泉で、石川県・和倉温泉の老舗旅館「加賀屋」が台湾の不動産会社との合弁で経営する和風旅館「日勝生加賀屋」が18日、開業した。加賀屋の小田禎彦会長は「台湾の皆さんに喜んでいただける『おもてなし』を根付かせたい」と話している。開業式では、石川県輪島市の御陣乗太鼓のほか、盆や布巾などの代わりに使う「懐紙」を客室係代表に手渡す儀式を披露。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信