外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 小沢一郎・生活の党代表の資金管理団体「陸山会」による土地購入をめぐり、政治資金規正法違反罪に問われ、一、二審で有罪となり上告した石川知裕衆院議員が、議員としての進退について後援会と協議を始めたことが31日、分かった。石川氏は31日、取材に対し「議員を続けるか辞職するか、上告を取り下げるか闘い続けるか、後援会などと相談して決めたい」と説明。後援会から意見を聴きながら、対応の一任取り付けを進めている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信