外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災の津波で大きな被害が出た宮城県石巻市を舞台に、自然災害で壊滅状態になった都市の再生モデルの実験的取り組みが12日、スタートした。20を超える企業、団体による産・官・学連携の協議会が同日発足。自然エネルギーの導入など複数のプロジェクトを進める。被災地で最大級の再生プロジェクトになるとみられ、机上の構想から踏み出し、具体化する取り組みとして注目される。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信