外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力福島第1原発事故により農家の管理を離れて野生化し、その後福島県南相馬市で捕獲された牛の被ばく調査を、北里大の伊藤伸彦教授(放射線生物学)や日本獣医師会などの研究者グループが、同市の警戒区域内にある農場で近く始める。定期的に農場に通い、放射性物質による牛の汚染状況を把握。農林水産省の補助を受ける予定で、将来は畜産農家の放射線防護対策や、人間の内部被ばくの影響評価などにも役立てたい考えだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信