外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【延坪島、ソウル共同】北朝鮮による韓国・延坪島砲撃から1年を迎えた23日、中部・大田市の国立墓地と延坪島で、砲撃で犠牲となった兵士ら4人の追悼行事が開かれ、参列者が冥福を祈った。大田の行事では金滉植首相が追悼の辞で、北朝鮮に「(武力で韓国を屈服させようという)むなしい妄想」を転換し、朝鮮半島の平和と南北共栄の道に進むよう求めた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信