外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 JR北海道の函館線を走る特急北斗で昨年9月から3件相次いだ出火や発煙で、原因とされるエンジン関連部品の破損は、運転士がエンジンの回転数を変更するレバーを操作するたびに想定を超える負荷が発生し、それが継続したために起きたとみられることが9日、関係者への取材で分かった。この部品の破損は北斗の3件を含め1994年以降、少なくとも8件あったことも新たに判明。抜本的対策を怠っていた実態が明らかになった。

共同通信