外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民党の西川公也衆院議員が代表を務める同党栃木県第2選挙区支部が、昨年8月に破綻した畜産会社「安愚楽牧場」(栃木県)から少なくとも06~10年に計125万円の献金を受けていたことが28日、政治資金収支報告書で分かった。秘書を務める長男が破綻直前まで2年間近く同社顧問を務め、報酬を受け取っていたことも判明。複数の元社員は、出資金を配当に充てる「自転車操業」と認めており、一部が献金にも回っていた形だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信