外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本振興銀行の検査妨害事件で、銀行法違反の疑いで逮捕された前会長木村剛容疑者(48)が創設した「中小企業振興ネットワーク」に参加する中核企業が、経営破綻した振興銀の融資先から備品などを高額で買い取り、その代金を不良債権化した融資金の返済に充てさせていたことが14日、同行関係者への取材で分かった。同行関係者は「融資焦げ付きを隠し、振興銀の業績を良く見せ掛けるための手法」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信