外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北海道白老町の白老八幡神社で12日までに、さい銭箱がのこぎりで壊され約600円が盗まれた。近くに硫酸の瓶が落ち、箱の南京錠には液体を掛けた跡があった。苫小牧署は「錠を酸で溶かそうとしたのではないか」としている。直前に近くの中学校で硫酸が盗まれており、同署は犯行に使われたとみている。同署や宮司によると、神社の防犯ビデオには10日深夜、若い4人組がさい銭箱の木製部分をのこぎりで切る姿が写っていた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信