外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 太平洋戦争末期の激戦地・硫黄島(東京都小笠原村)で戦死した日本兵の遺骨をめぐり、米軍が遺体を埋葬したとする具体的な場所や日付を示す新たな資料83点を、厚生労働省が米国立公文書館で確認したことが18日、分かった。硫黄島では米軍との戦闘で、日本兵約2万1900人が戦死。これまでの収集遺骨は8700柱で、新たな発見につながる可能性が出てきた。政府は19日から調査を始める。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信