外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 太平洋戦争末期の激戦地・硫黄島(東京都小笠原村)を調査している政府の遺骨収集団は21日までに、日本兵とみられる遺骨計51柱を島内2カ所の地中から発見した。政府関係者によると、米国側に残された資料とほぼ一致する場所で、片方は約2千柱、一方は約200柱の集合埋葬地の可能性が高いという。集合埋葬地は存在の可能性が指摘されていたが、これまで未発見だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信