外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府が臨時国会冒頭に提出を目指す社会保障制度改革に関するプログラム法案の全文が2日、判明した。医療や介護の改革スケジュールを示し、これを推進する体制として首相を本部長とする「社会保障制度改革推進本部」を設置。同時に有識者による「社会保障制度改革推進会議」を新たに置くことを明記した。両組織とも設置期限は最長5年。この間に少子高齢社会でも持続可能な社会保障の確立に向け、道筋を付けたい考えだ。

共同通信