外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は24日、16年度予算の概算要求基準を閣議了解した。年金や医療など社会保障費は、高齢化に伴う増加分として、15年度当初予算額の30兆2千億円から6700億円分の増額要求を認めた。景気動向に応じて柔軟に予算編成するために、歳出総額の上限は設けなかった。年末の予算編成に向けて与党などから歳出拡大の圧力が高まりそうだ。

共同通信